外国人の不動産購入の問題

円安で外国人が不動産を購入しているというニュースがありました。特に東京都心部の高額マンションを投資用に買う中国人が多いようです。

以前、中国人が北海道の水源を狙って原野を、あるいは、自衛隊の基地の周辺で土地を購入しているということも伝えていました。投資以外の、別の目的で日本の不動産に目をつけているのかと思われる売買もあるようです。

安全保障上の問題から、少しは規制ができましたが、一部を除き、まだまだ規制なく外国人でも日本では不動産を買えるのです。これが後世に大きな問題にならなければよいがと思います。外国から投資を呼び込むことに反対ではありませんが、外国人の不動産投資に対する規制はもっとあってよいと思います。

なぜなら、他国では外国人が不動産を購入するには色々規制があります。ですから、日本ももっと規制を強化すべきと思います。固定資産税の滞納者も多いと聞きますが、払わなければ、競売にかけることを行政は躊躇なく行うぐらいでないと、問題解決しません。

他国の規制や所有に対する責任や罰則を国会議員には勉強してもらいたいと思います。現状、日本の外国人に対する不動産取得に関する規制は甘々です。 和合実

コメントを残す

メールアドレスは公開されません