寒波襲来で水道管破損

年始早々大寒波が来て、大雪になった地域も多く出ました。私の所有する物件でも、建物2階の水道管が凍結により破損し、水があふれだし、1階のテナントさんにも、天井からの水漏れで多大なご迷惑が及びました。

早急に被害の状況を調べて頂きました。水を元栓から止めて、まず建物内の水を排出し、清掃、修復工事をし、テナントさんにはその損害を補償することになります。3連休の初日でしたから、申し訳ないことに、工事業者さんには休日出勤をお願いすることになってしまいました。

今回、火災保険と施設賠償保険に入っていましたから、テナントさんへの補償は施設賠償保険を使い、修復工事には火災保険を請求しますが、保険対象にならない部分もありました。

それは何かと言いますと、施設賠償保険の補償は時価になるので、被害物が古いと満額は出ないとのことでした。また、火災保険は、凍結により破損したものは保険対象にならず、それによって水が流れ、その水によって被害が出た場合にのみ対象になると説明を受けました。

施設賠償保険は、今回初めての請求となります。被害額満額対象とならなくても、保険に加入していてよかったと思います。そして、火災保険には、火災リスクは小さくとも、台風、水害、雪害、突風、突発的事故に対する備えをするためにも入り、しっかり特約加入しておくべきと感じました。  和合実

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません