テナント募集

地方都市で所有する物件で、既存建物を解体し、その後隣地を購入して新たにテナント募集を始めようとしている物件があります。まったく条件の制約がなければ、必ずこの業態なら出店すると思えるのですが、一部すでに賃貸中ですので、その業態を狙えません。

それで他の業態を狙うのですが、これまでもいろいろやっていくうちに知恵も出てきて、最後は落ち着くところに落ち着くという感じでやってきましたから、今回も必ずうまくいくと信じています。

隣地を買い増しして次の展開に備えるということは滅多にないのですが、今回その価値はあると見て購入したのです。これは長期的な視点で見たケースです。

収益物件の購入は、あまりこだわりすぎると買えません。規模であったり、収益率や資産性等、様々な違いを一つの箱の中で持つという手法がいいのではないかと思っています。  和合実

コメントを残す

メールアドレスは公開されません