2年ぶりに見に行きました。

遠方に所有する物件の場合、年に何回見に行く必要がありますかと問われることがあります。

私の場合、問題が生じた場合はその都度見に行きますが、問題が起こらない場合は、物件によって1~2年に1度ぐらいのペースでしか見に行きません。

店舗の場合それぐらいでも大きな問題は生じないからです。

あるコンビニ物件の所有者であった不動産業者さんは、購入してから10年間、一度も見に行ったことがないままに、売却したという話も聞きました。

これはどうかと思いますが、それくらい、テナントに信頼を置ける場合は、行く必要性も感じられないのです。但し、築年数が古くなってきますと、建物に不具合が出てきますので、その確認に行く必要性は出てくると思います。

この夏は、1年ぶりに見に行く物件と2年ぶりに見に行く物件がありました。

建物状況に変化がないかだけでなく、周辺環境の変化も含めて見てきました。  和合

コメントを残す

メールアドレスは公開されません