滅失登記

建物は解体されているのに、登記が残ったままという物件にあったことはありませんか?先日、そういう物件をお持ちの所有者の方から、どうすればいいかという相談がありました。

その物件を売却しようと思われていたため、売られるなら建物滅失登記をすぐにでもしたほうがいいと申し上げました。滅失登記をするには、建物解体証明書が解体業者から出されているでしょうから、その証明書があるか調べてもらいますと、保管されていました。

それで、通常なら土地家屋調査士さんに依頼して、登記抹消をしてもらうのですが、物件の所在地が遠方であったため、付き合いのある土地家屋調査士がいないらしく、管理会社の人にそのことを伝えられますと、法務局に解体証明書と書類を一枚出せば、法務局が現地確認して問題なければ登記抹消できるということを調べていただき、そのようにされました。

後日、法務局から抹消完了の通知が届きました。何の問題もなく、うまくいきました。

私は何でも専門家に任せる方ですが、知り合いに、会社設立登記を自分でしたという人もいましたから、やろうと思えばできないことはありません。出費を節約したい人は、自分で調べてやってみる価値はありそうです。  和合実

 

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません