見込み違いも時にはあります。

これまでに私が購入した収益物件(店舗等の事業用物件)で、購入後3カ月でテナントが退去したという物件がありました。売主にはテナント退去が事前にわかっていたのかもしれません。それでも仕方ありません。私はその時、次のテナントを見つけるのに苦労はしないと思っていました。しかし、そうではなかったのです。

この当時、非常に忙しくしていたせいもあって、私の動きが鈍く、賃料設定も強気にして、借りたいという希望があっても、賃料減額要望があったものですから断っていたのです。

そうこうしているうちに、賃料相場も下がり、思いのほか次のテナント入居に時間がかかり、また、テナントの入居付けをして売却となりましたが、買値よりもマイナスになりました。時には見込み違いもあります。それを認めて、失敗を教訓にしています。

何かにこだわるとチャンスを失うということもあります。10戦10勝は難しいですから、負けても挽回できる程度の抑えておくことも大事なことで、トータルでプラスという発想が必要かと思います。和合実

コメントを残す

メールアドレスは公開されません