地方都市の不動産

コロナの影響で、最たる人口密集地域である東京から、大手企業の事務所面積の縮小が現実的になってきました。リモートワークが進んできている証でもありますし、東京一極集中のリスクが顕在化したためです。

これは、地方都市のチャンスでもあります。地方に大手企業が分散して仕事場を設ければ、わざわざ混雑のある東京やその周辺地区に居住する意味が薄くなります。

自然環境のいい地方都市で住職が整えば、東京に出ようという人は少なくなりますし、東京在住の人も、地方に居住しようという人も出てきます。

そうしますと、地方都市の不動産に動きが出てくるかもしれません。大手企業がどこへ進出するのか、あるいは、東京一極集中をどのように解消していくのか、この動きを見逃さないようにしておく必要があります。

地方の不動産に動きが出てくるかもしれません。  和合実

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません