読書三昧

もう3カ月ほど、お客様と面談する機会もなくなり、読書三昧の日々を送ってきました。一度に数冊買うのですが、読みたくなる本と、そうでない本では、読書スピードや、意欲が違うことに気づきます。

興味があっても、読んでいてなかなか頭に入ってこないものは、読みたくなくなりますが、気に入った書物は、どんどん読みたくなります。受験勉強ではありませんから、いつまでに読まないといけないということもありませんし、無理に読む必要も感じません。ですから、頭に入って来ない本は読まなくなっていくような気がします。

年齢を重ねて、想像力が落ちてきたような気がします。そこは新たな価値創造には欠かせないものですから、これが弱るのは、ちょっと寂しい気もしています。自覚症状ありです。  和合実

コメントを残す

メールアドレスは公開されません