気になる物件③

新たな物件を見つけました。利回りはいいのですが、気になることもあります。気になるときは、現地を確認するのがいいのですが、もう少し、資料で検討してからにします。

購入するときは比較的、迷いなく進むことが多いのですが、迷いが出ると買い負けしてしまうこともよくあります。この迷いとは、リスクであることが多く、そのリスクが自分にとれる範囲かどうかがポイントになります。

すなわち、リスクの取れない人は買わないほうがよく、リスクが取れる人は買えばいいということです。通常このリスクはすぐに現れるものでなく、最悪のケースを想定してのことです。ですから、最悪がなければ何も問題ないということになることが多いのです。

最後はいつも言いますように縁があるかどうかです。融資も打診してみます。結果はどうなるか・・・。  和合実

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません