人口減の影響

店舗物件にも人口減や、ネット販売の影響は大きくなってきています。

先日も10年前ならテナントもすぐに見つかるであろう空き物件にテナントがなかなか見つからないという話を聞きました。新規出店したい大手企業は立地や敷地条件も厳格になってきていますし、賃料にかなり幅が出てきています。

一定の賃料を確保するためには、私が推奨している1敷地1テナントでなく、1敷地複数テナントも考えないといけない物件も増えてきています。

所有者の理想は理想として、現実的な問題に対処していかないと、経営が成り立たなくなってきているのです。購入物件の選定条件を厳しくしますと、買える物件は非常に限定されますし、そもそも理想物件が売りに出る環境に今はないのかもしれません。それなら出る時期を待つしかありません。

時代はどんどん変化します。このまま何もしないでは負け組になってしまいます。不動産所有のあり方が問われてきているのは確かです。

生き残りをかけ、先手必勝で変化に対応する不動産所有のあり方を考えねばなりません。 和合実

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません