迷いがあるとき

不動産購入を検討しているときに、何か引っかかって、スムーズに前へ進めないときは、やめたほうがいい場合が多いと思います。

一つの原因はご自身にとって何らかの無理があるからと考えられます。購入を勧めていくうえで、問題がない物件はないと言っても過言ではありませんから、それらは解決していけばいいのですが、解決しきれない場合は、やめればいいのです。

買いたいと言いながら、数年一物件も買えていない人は、買わない理由を探している人ですから、こういう人には当てはまりませんが、買ったことがある人にはまたチャンスは出てきます。

心に引っ掛かりを感じるのは、解決し切れない問題であったり、精神的な負担を感じている場合が想定されます。買いたい気持ちが先行しますと、自分の購入スタンスがぶれます。これは後悔につながる元です。

無理はいずれどこかにひずみを生じさせます。それを乗り切るには、余裕が必要です。余裕とは、金銭的な余裕であったり、精神的な余裕です。前向きというのは、この余裕があってできることかと思います。  和合実

コメントを残す

メールアドレスは公開されません