豪雨災害

この度の西日本豪雨で、大きな災害が発生しました。自然の力には勝てないものの、市町村等の災害マップで水没の危険性の予知はできていたという見解もありました。誰もが危険を感じていたら、そこには町が形成されなかったでしょうから、あまり危険ということに関し、深刻には考えていない人も多くいたということです。

予測外のことがここ数年続いていますから、これまで大丈夫であったからという理屈が通用しなくなっています。自宅をどこで購入するかを考えたとき、どうしてもそこでないといけないときは別として、山すそであったり、海抜の低いエリアでの購入は再考した方がいいということになります。

海のそばも山のそばもダメとなりますと、いったいどこに住めばいいのとなりますが、そこに生活の基盤のある人は、事前に逃げ場を決めておいて、自らの命は自らが守るという意識で、いざというときは早めに逃げるしかありません。

地震だけは逃げる時間はありませんが、津波や集中豪雨は逃げる時間的余裕がありますから、この機会に災害ごとにどうすべきかを考えておくことが肝要かと思いました。

日本国中どこが安心と言えないような状況ですから、不動産保有リスクを考えた所有法を意識すべきかと思います。 和合実

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません