10月 10

信組の営業電話

最近、私の事務所に信用組合から融資をしますよと、電話がかかってくることが何回かありました。不動産融資を積極的に しておりますから、是非お話だけでもと言われます。

事業資金ですから、短期でしかも金利は高めです。そんな資金を借りる必要性はありませんからお断りしていますが、私の事務所を名簿で調べたようで、片っ端から電話営業をしているようです。

建売事業や転売事業をするなら信用組合さんとのお付き合いは必要になるかもしれません。でも、今のところ、そういうことはまったく考えていませんから、私は「事業資金の借入れは考えていません。」と言って、電話を切りました。

関西でリテールはできない地方都市の地銀法人営業で、不動産融資に積極的なところもあります。金利は信用組合よりは低めですが、融資期間は保有目的の新築でも最長20年と短めです。

長期保有は、都銀か地元の地銀でないと、金利、融資期間に満足はできません。但し、京都の信用金庫だけは別です。ここは地銀と競争になっても負けないくらいの融資条件を出してきます。

大阪には残念ながらこういう信用金庫はありません。ですから、京都の信用金庫さんとなら、将来付き合いができてもいいかなと思っています。 和合実