勉強会開催のお知らせ

この度、過去に私主催の「トレジャー発見勉強会」等、和合実の有料勉強会に複数回参加された方限定で、久しぶりに勉強会を開催いたします。でも、今回は収益不動産の勉強会ではありません。

「金融事情の変化と対策」と題した勉強会です。是非とも皆さんにお伝えしておくべきと思っての開催です。

一昨年、地銀の約半数が経常赤字になりました。いまだ経営状態は改善されたとは言えません。むしろ悪くなっています。これは日銀のマイナス金利政策が主要因で、融資をしても儲からないのです。このままでは銀行は疲弊していくことでしょう。そこで、金融庁は地銀に経営改善を促していますが、多くの地銀でできそうにないと感じます。そうしますと?

昨年のスルガ銀行の不正融資の発覚で、金融庁は他行でも同じような問題はないか検査をするようです。このことも影響して、銀行の融資姿勢が慎重になってきています。そしてその先に起こることは?

その時のために今からある準備?をしておく必要があります。また、その場合にどのように銀行と付き合えばいいか等、「?」のところも含めて勉強会で話をします。

今回の勉強会の内容の一部は、私が初めて知ることの多い中でも、私自身超驚きでした。この一部だけでも知っておいてほしいのです。なぜなら、これまでも知らないがゆえに自殺する人もいたのが現実です。でも、知れば命も救われると思うからです。

このことは極々少数の人が知っているオフレコの部分なのです。この一事は私の不動産の話など比較にならないほど重要です。

興味のある方はぜひご参加ください。

開催日は平成31年2月17日 日曜日 午後1時半から4時半を予定しています。

開催場所は大阪市中央区本町の貸会議室です。参加者の当日入室は午後1時10分からです。

講題は、以下の通りです。

1.バブル再発とその崩壊の予兆

2.銀行の経営状況とその変化

3.銀行との付き合い方

4.金融庁の指導と銀行への対策

5.社長個人がなすべきこと  以上

参加者募集に関してですが、当初記載しました通り、申し訳ありませんが、今回参加応募できる方を限定しています。過去、和合実の有料勉強会に複数回参加された方のみが対象です。

参加ご希望の方は、メールで申し込みを受付いたします。参加募集人数は、最大で20名です。申し込み順とします。

メールアドレスは、wagoわ@wago-minoru.com です。「わ」を除いたアドレスにお送りください。

参加費は最低2万円です。最低と書きましたのは、講義が終わって、参加してよかったと思う人は25,000円、非常に良かったと思う人は30,000円の支払いをお願いいたします。講義終了後にお支払いください。

当初、一律3万円にしようかと思っていましたが、受け止め方や価値観は人それぞれですから、支払額は参加者の満足度に応じようと思い、このようにしました。講義の価値は皆さんが聞いてから決めてください。今回初めての試みです。

申込受付をしました方には、こちらから別途案内を致します。事前に経営診断の準備をして頂きます。私も自らの経営診断をして、やるべきことが見えてきました。それをして頂いてから参加することで、より理解が深まると思います。法人経営をされていない方、時間的余裕のない方は、その準備の必要はありません。講義だけを聞いてください。

今回の勉強会では、おそらく初耳が数々出てくることでしょう。ご参加お待ちしております。 和合実

 

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません